Skip to main content

Kiai

「~を利用して」という表現には「個々人に "集めさせる"」という意図がある。 すなわち、Twitter API を個人で利用する分にはたかだか50万 tw/month 程度までしか収集できない一方で、複数人の力を合わせればその量を N 倍に増やせるという企みである。

じゃあ、どうやってそれを実現するのか?ということを考えているので、それをメモしておく。

Kiai

ML4Keiba としてデータを集めるのはいいが、その後についてきちんと考えをまとめていなかった。 マイルストーンというほど定かではないが、現在考えているいろいろなことをメモとして残す。

What までは書いてあるが、実際の具体的な How については自分の頭の中にあるだけだ。 これもどこかきちんと出力しておきたいが……また別の問題が生じるかもしれないので、後々考えることにする。

Kiai

故あって Twitter API を利用してデータを取得している。 netkeiba.com をスクレイピングするときのように、"餅から米を得る" みたいなことはしなくて済むのがありがたい。 ドキュメントも整理されており文句は無い……と言いたいが、痒いところに手が届かなかったので、その愚痴を纏める。

なお、本記事では公式のドキュメント以上の新しい情報は無い。 本当に使ってみた感想と、今後に期待する要望、それと少しの workaround があるかも〜程度である。

Kiai

4 月の冒頭でも紹介したように、PC 環境が無くなって一か月が経とうとしている。 三月末のギリギリになって無線キーボードとマウスを購入し、どうにか物理入力インタフェースは確保したが、プログラミング環境は満足に得られていない状況が続いている。

色々と足掻けば何かしら解決したのかもしれないが、その代わりにもっと別の価値ある(と思い込んでいる)ことに勤しんで 4 月は消えた(ついでに GW も)。

Kiai

とはいうものの、実際に作ったのはひと月ほど前だしサイト全体としては全然不完全なものなので、満足いっているかと云うとそうでもない。

シェアする際にパスが抜け落ちる不具合があるらしく、意気揚々と Twitter でシェアしたリンクが製作者のブログにしか通じていないとかいうホンマごめん案件もちらほら……(かくいうこの記事に辿り着いた人々もそれに該当するかもしれない)

実際に署名者検索ができるのはこちらです  → https://ningensei848.github.io/againstc/topic/open-letters/search

(※以下、蛇足というか解説というか雑感)